The VISION トップの描く未来図

福田 佑貴
XMarke株式会社 代表取締役社長

福田 佑貴

[ 意志あるところに道は開ける ]

略歴

同志社大学理工学部卒業。新卒で株式会社イトクロにて新規事業のPM、主力メディアの塾ナビのwebマーケティングなど5メディアほどを担当。マザーズ上場を経験する。その後ポート株式会社にて、新卒紹介事業のwebマーケティング部署の立ち上げを経験。(後にマザーズ上場)その後スタディプラス株式会社で累積300万人以上の会員のアプリやwebメディアのディレクターやマーケティングを担当し独立。新規事業やスタートアップの200社以上のwebマーケティングの支援・コンサルティング事業、自社メディア事業を複数展開中。

現在の仕事についた経緯は?

累積200社以上の新規事業のwebマーケティング支援やweb制作までを一気通貫で支援。10倍以上売り上げや流入が増える例や獲得コストが1/10になる例も多数。最近では上場企業のwebマーケティング支援など、大手のwebにおけるPRシフトをトータルで支援させていただいている。

仕事へのこだわり

顧客の期待を超える成果を出すこと。
マーケティングは数値が命なので、現状に合わせて最適な定正的な目標や定量的な数字目標を設定して最適な施策を出していく。
無理な数字を言わない。実現できる数字をできるだけ精度高く出し、読みを
当てていくことを意識している。
またマーケティングは1.2倍など伸びることをPRする人が多いですが、マーケティングの性質上、伸びることが大前提ではあるので、1.X倍ではなく2~3倍、もっと言えば10倍などインパクトある施策を打っていくことをモットーにして日々業務に励んでいます。
(10倍にしようと思うぐらいの施策がようやく2~3倍になる印象、フルスイングする施策を打っていくことが大事だと思っています。)

若者へのメッセージ

弊社では学生インターン採用もしていますが、自分自身も新卒の会社で内定者インターンから1000万円ぐらいの予算を任され新規事業の責任者を任せていただいた経験がとても今でも教訓になっています。自分でビジネスを伸ばす責任を任され、その数字を伸ばすこと、言った数字をその通り達成することはとても難しいことですが達成できると楽しいので、ぜひ弊社に限らず、チャレンジする会社で挑戦する経験をするのが、社会人生活をスタートダッシュできるいい機会になると思っています。自分自身の会社も、前職のような事業を作り育てられるプロとなる学生や若い方を育てられる立派な会社になり、社会に貢献できればと思っています。