The VISION トップの描く未来図

古谷 知華
株式会社TOMO's CRAFT フードプロデューサー

古谷 知華

[ ]

略歴

学生時、東京大学の隈研吾研究室で建築を学び、コンセプトメイキングとデザインに魅了される。その後広告会社のデザインコンサル部門にて、事業コンサルや商品開発に携わる。個人ではクラフトコーラブランドの「ともコーラ」や日本初のフードレーベルの「ツカノマフードコート」、そしてノンアルコール専門ブランド「のん」等を手掛け、フードプロデューサーとして多方面で活躍。

現在の仕事についた経緯は?

結局食にかかわることをしてる時が一番幸せだと気づいたから。物心ついた時から家の中は食の会話で溢れていた。あの店が美味しいだの、この料理はこんなレシピで作っただの、この肉は何処そこの農場でこんな飼料で育てられただの....。食への関心が大き過ぎることを恥じらった学生時代もあったが、社会人になり様々な職能を得るうちに、やはり最終的には食の領域で自分の能力を活かしたいと考えるようになり、勤める会社の仕事とは別に、自らの資金と自らの労働力だけでブランドを立ち上げることとなった。

仕事へのこだわり

新人時代から良くも悪くも自分の欲や気持ちに正直だった。与えられる仕事とは別に常に「自分が心からやりたいと思える"何か"」を探した。数年間はその何かは見つからず、焦燥感もあり手当たり次第様々な活動に取り組んだ。会社の仕事でも「こんなことがやりたい」と積極的に発信し、そうした内容に巡り会えるよう試みた。社会人として綺麗な五角形を描けるような優秀さには欠けるが、自分の中に仕事の理想像があるため、それを追い求め続ける熱心さはあったと思う。「仕事」には、好きなことをして世の中と繋がって心身共に充足させてくれるすごい可能性がある。だから、したい仕事を考えそれを手に入れることには、一寸の諦めもあってはいけないと思う。合わないことややりたくない事から手を引き、自分が幸せになる仕事を立ち止まり考えることを、私はある種の美徳だと勝手に思っている。

若者へのメッセージ

わがままでいいと思います。社会に合わせなくていいと思います。社会が自分に合ってくる時がきっとくるので、周りと違っても全然良いかなと。文句を言われても構わない。でも自分が満足していなかったり、気持ち悪い感情が渦巻く時は、立ち止まって修正する。自分を見つめ直す素直さと勇気があれば大抵のことは大丈夫だと思っています。