The VISION トップの描く未来図

五十嵐 亮太
株式会社プラントベース 取締役

五十嵐 亮太

[ 「打つ手は無限」 ]

略歴

高校卒業後、2002年から6年間アパレル関係の仕事に就く。2008年より㈱プラントベースに入社、2010年より同取締役に就任。現在に至る。

現在の仕事についた経緯は?

私はアパレル関係の仕事をしている中、海外で活躍する夢を持ち、その資金を貯める為、まだ創業間もない父親の会社である㈱プラントベースで1年間働かせて欲しいとお願いしました。資金は順調に貯まり、約束の1年間を迎える頃、当社の業績は悪く、また人材も少ない中、先行きが不安になっていました。私は1年間、資金の為に働かせてくれた両親への恩返しのつもりで、約束期間を延長させて㈱プラントベースの為に働くこととなりました。
作業者からスタートし職長や管理者、営業も経験させていただきました。更には原価管理、経理、人事等多くのセクションを経験しました。その全ては独学で多くの方々のアドバイス、会社の成長に合わせ少しづつ成長出来ました。
現在では海外事業を始め、新規事業、会社経営等に携わっています。

仕事へのこだわり

「ここで働いてよかった」
当社のビジネスは社員によって継続されていると言っても過言ではありません。
建設業は常に労働災害と隣り合わせです。また、作業現場も”3K”と言われる現場そのものと感じます。そんな中、私のこだわりは社員から「ここ(当社)で働いてよかった」と思われるようとな会社にしたいと思っています。
建設業の中でもニッチ産業におり、汎用性の低い商品(ステージタワー:サイロ用足場)を軸に事業を展開しています。認知度も低い当社への入社のきっかけは様々ありますが、当社に憧れを強く抱き入社する社員は多くいません。
そんな社員に、ただ給与だけが良いだけでなく、会社を好きになり、事業に誇りを持ち、やりがいや成長を感じながら、社員同士が分け隔てなくコミュニケーションが取れ、ライフワークバランスが取れる等、時代に合った環境、個性豊かな社員に合った環境を目指し、日々精進しています。全ての社員が「ここ(当社)で働いてよかった」と思ってほしいです。

若者へのメッセージ

好きなモノをたくさん作ってほしいです。
仕事や知識だけでなく、色々なものに興味を持ち、興味ある事に挑戦や探求して、どんどん好きになってほしいです。人や物、文化や環境、何でもよいと思います。
それが仕事であってもプライベートで合っても、いつか何かの動機やきっかけとなり、誰かの役に立ち、自分を鼓舞し、我慢する事も出来ると思います。
好きなモノが身近にあることが自身の生活を変える事にもなると思います。