The VISION トップの描く未来図

小池 利和
ブラザー工業株式会社 代表取締役社長

小池 利和

[ 挑戦なくして成功なし ]

略歴

1955年生まれ、愛知県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、79年ブラザー工業に入社。入社3年目から23年間アメリカに駐在し、プリンター事業の拡大に貢献。92年、米国法人の取締役社長に就任。05年に帰国し、07年ブラザー工業の代表取締役社長。

現在の仕事についた経緯は?

学生の頃から、生徒会の役員やサークルのリーダーになって自分で指揮を取るのが好きでした。この会社に入ったのも、自分の裁量で仕事をさせてもらえそうな社風だと思ったからです。私が入社した頃はちょうど主力製品がミシンから情報機器へと移り変わって、海外進出を図ろうとしている時期でした。

入社3年目に、自社ブランドのプリンターをアメリカに売り込むプロジェクトの責任者に立候補しました。意気揚々と渡米したものの、最初は英語に苦戦しアポを取るのも一苦労で、とんでもないところに来てしまったと思いましたね。空いた時間に英語や会計学を勉強して、どうにか乗り切りました。

やっと事業が軌道に乗ったと思ったら、競合他社がレーザーやインクジェットを使った高性能なプリンターを次々に出してきたので、私は「うちは技術もラインアップも明らかに他社より後れている。このままでは会社の存続が危ない」と本社に必死で訴えました。技術者たちの献身的な努力で自社製の高性能プリンターを発表すると、売上は順調に伸びていきました。その後、渡米11年目にアメリカ現地法人の代表取締役に就任し、帰国後、社長に就任しました。

仕事へのこだわり

ずっと「俺がやらずに誰がやる」という気持ちで仕事に取り組んできました。自己犠牲の精神などではなく、自分のためです。アメリカへ行こうと思ったのも、年功序列で無難に出世していくよりも、普通とは違うキャリアを積みながらのし上がる方が楽しそうだと思ったからです。失敗はこわくありませんでした。人生の中で20代での失敗なんて大したことはありませんからね。

私のモチベーションは、自分が人に期待されているだろうということ。それがなくなったら、おそらくモチベーションを一気に失ってしまうでしょう。 私が若い頃と比べると、世の中の価値観はずいぶん多様化しました。若い社員たちを見ていると、みんな優等生だし与えられた仕事はきちんとこなすけど、自分からアイディアや企画を押してくるような人は少ない印象です。良い子ばかりなんだけど、もう少し破天荒でもいいのにと思います。

若者へのメッセージ

若いうちはあまり小さくまとまらないでほしいですね。失敗を恐れず、大きな夢を持って何事も明るく楽しく取り組むことが大切です。 先行きが予測できない時代ですが、良いときも悪いときも、常に自分の夢や目標と向き合っていてください。