The VISION トップの描く未来図

魔裟斗
タレント、スポーツ解説者

魔裟斗

[ 世界一を信じた自分という糧。 ]

略歴

千葉県生まれ。1997年にキックボクシングデビューし、2003年、2008年にK-1 WORLD MAX世界王者になる。2009年、大晦日を最後に63戦55勝6敗2分の戦績で引退。現在はスポーツ解説、タレント、ドラマ出演などで広い分野で活躍中。また、綺麗なカラダのコンテスト「一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会」のスーパーバイザーを務める。座右の銘は人生1回。

現在の仕事についた経緯は?

幼い頃からの将来の夢は、世界一強くなること。子供ながらに強い男に憧れを抱いていました。幼稚園の時にはターザンになる、小学生の時には戦隊ヒーローになると周囲に言っていたそうです。人一倍負けず嫌いだった性格も、「世界で一番強くなりたい」という思いに執着していた表れだったように思います。その結実が、格闘家になることでした。そして世界一強い男になることを改めて心に誓ったのです。
その後、選手となってからは茨の道が続きました。当初は全日本キックボクシング連盟という団体に所属していたものの、周囲との方向性が合わず敢えなく脱退。新たなステージとして選んだのが、徐々に脚光を浴びはじめていたK-1の舞台でした。そこに自分の生きる道を求めたんです。しかし、その思いとは裏腹に、試合や練習にも参加できない日々が続きました。まだまだ半人前だったからでしょう。
でも心が折れることは決してありませんでした。世界一になるためにはどんな状況でも諦めないことだとわかっていたからです。そのためにはただ一つ、今できることを必死でやること。その思いがK-1選手としての道を拓いていきました。

仕事へのこだわり

晴れてK-1の表舞台に立つようになった私は、破竹の勢いでライバルを圧倒していきました。幼い頃から夢に見ていた世界一の称号をついに勝ち取ったのです。
2度目の世界チャンピオンに挑戦した2008年には、準決勝、決勝ともにダウンを奪われてからの逆転勝利。絶対に最後まで諦めず、どんな状況に陥っても自分の力を信じ抜くこと。それが前人未到の連覇につながりました。

周囲に何と言われようと、自分が信じた道に挑戦し、自分よりも大きくで強靭な相手に立ち向かうことは、決して恥ずかしいことではありません。誰よりも勇気がなければできないことだと思いますし、誰よりも自分を信じているからこそ、大きな挑戦ができるのです。
私は今まで幾度となく大きな壁やライバルに立ち向かってきましたが、自分の力を信じる気持ちだけは一度も揺らいだことがありません。

若者へのメッセージ

私にも誰にも、未来は予言できません。明日、何が起こるかはわかりません。しかし目の前の試練や困難を一つひとつ乗り越えていくことで、道は必ず拓けていくと思っています。今を続けることが未来になるのです。だからこそ若い方々も、今できることを精一杯やってみてください。若いからこそできることも沢山あるはずです。私はそんなあなたを応援しています。

URL