The VISION トップの描く未来図

森口 尚子
いきいきフィットネスライフ フィットネスライフアドバイザー

森口 尚子

[ 人生、無駄なし。 ]

略歴

ソニー(株)で主に秘書として働きながら、エアロビクスダンスインストラクターの資格を取得。2009年夏に退職後、フリーランスのインストラクターとなる。
フィットネスクラブでは、エアロビクス、ZUMBA®、ヨガ、自重(自分の体重の負荷を利用した)トレーニング等の指導、企業では、椅子体操・エアロビクス・健康相談、シニア向けに、介護予防の運動指導・ウォーキング指導・健康講話を行う。
2018年4月 いきいきフィットネスライフを開業。
「今日も、明日も、元気つづけ!」を理念に、介護施設や企業、地域ケアプラザ等で、オリジナル椅子体操「ナイス体操」を軸とした出張エクササイズ指導を展開。
もう一つの主要業務として、体操振付師としても活動。 振付制作や、オリジナル体操の考案、監修も担っている。
株式会社リンクの「ビズテル体操」では、振付考案・監修・モデル出演も果たし、現在全国タクシー内で放映されている。
「地域活成(仕事で関わった地域と共に、自分もいきいき成長)」 を生涯目標とし、
ナイス体操を軸とした事業で、いきいき活力あふれる人を増やし、人々の健康寿命の延伸に貢献すべく、活動の場を広げている。

現在の仕事についた経緯は?

31歳の頃、某企業で、体力測定ならびに健康習慣アドバイス、椅子体操を担当することになりました。
当時、座って行う体操で、参加者に効果を実感してもらえるのかと不安でしたが、改良を重ねるにつれて、肩や腰が楽になったり、倦怠感が和らいだり等、心身のリフレッシュに繋がる、身体によい変化をもたらす体操に変わっていきました。

椅子体操の無限の可能性を感じた私は、運動強度を変化させる構想を思いつくと、介護施設向け、企業向け、親子向け等、体操の種類と共に、活動の場も広がっていきました。

誰でも気軽に、座ったままできるナイス体操を軸とした事業で、人々の健康を支援し、健康寿命の延伸に貢献したいと開業し、現在に至ります。

仕事へのこだわり

幼い頃より、マラソン、合唱、硬式テニス等、目標や楽しみを持って生活してきました。目標をクリアした先に広がる新しい可能性を信じ、一心不乱に挑戦することで鍛えた心と身体が、いつも私を支えてくれました。いつも私のやりたいことを応援してくれた家族と、切磋琢磨した良き友人に恵まれたこと、いまでも大切な思い出です。

実は、会社員時代に通ったインストラクター養成講座の講師に、言われた衝撃の言葉があります。

「見た目と指導のギャップを、埋めなさい」

この言葉は、私のインストラクター人生において、常に悩みの種でした。

見た目は、いいレッスンをしてくれそうな講師。だが、実際は能力が伴わない、期待に添えられない講師。
見た目と指導のギャップを埋めるためにもがき続け、鏡の前で何度も練習を重ねたり、他の講師のレッスンに参加したりして、よりよい指導を学び続けました。

そんな時、家族から「実力は経験を重ねないと身につかないし、焦らなくていいのでは?」と言われ、肩の力を抜くことができました。また、友人からも「尚子の笑顔は無条件に人を元気にする力がある」と言われ、やみくもに技術を学ぶのではなく、自分らしく伝えていくことにシフトした、私らしいフィットネスを提供しよう!と思うようになりました。それから自然と、活動の場が広がっていきました。

今の私が自分らしくいられるのは、家族や友人をはじめ、活動を応援し、支えて下さっている全ての皆さんのおかげだと、心から感謝しています。

ナイス体操を軸とする当社の事業で、心も身体も前向きに、いきいき活力あふれる人を増やして、人々の健康寿命を延伸へ導くこと。これこそが、自分の使命です。

そして、一人ひとりの描く健康、そして明るい未来「いきいきフィットネスライフ」へ、お役に立てれば幸いです。

若者へのメッセージ

「出会いやご縁を大切に育み、自分らしい人生を!」

私にとって人生の大きな節目は、大好きな祖父母の死でした。
3人を失った悲しみは深く、完全に立ち直るのに時間がかかりましたが、祖父母の言葉は今でも気持ちを奮い立たせてくれます。

「尚子らしくて、いい仕事だよ!」「自分らしく、がんばってね。」
「尚子の笑顔をみると、自然と元気になれる。」「人様の健康に、ずっと寄り添う先生でね。」

いきいき活力あふれる人を増やすことと、人々の健康寿命の延伸に繋がる活動をすることが、私の使命になりました。出会いやご縁を大切に育む気持ちは、仕事でも生きています。

どのように事業を展開したらよいか悩んでいたとき、力を貸してくれたのは、横浜市青葉区の起業支援センター、まちなかbizあおばの事務局や、会員の方々でした。
コーポレートカラーが決まり、ホームページが完成したときは、とても感激して涙が出ました。更新を重ねる度にホームページからの問い合わせが増え、自然と仕事の幅が広がっていきました。

互いを理解し、応援し合い、活力をもらえる方との出会いやご縁は、一生ものです。
どうか皆さんも、出会いやご縁を大切に育み、自分らしい人生を歩んでください!