The VISION トップの描く未来図

大河内信人
株式会社HAYAWAZA 代表取締役

大河内信人

[ 好きこそ物の上手なれ ]

略歴

神奈川大学大学院経営工学専攻卒。 東芝情報システム株式会社、ノベル株式会社にて、カーネル(OS)の開発&移植。 その後、米国シリコンバーレーにてベンチャー企業の立上げなどを行い帰国後、2006年からHAYAWAZA Xの設計&開発責任者となり、 2017年から代表取締役として全国の会計事務所、企業の次世代の会計業務のロボット化、プロパイロットを目指して、導入支援やコンサルティング、セミナー活動を行っております。

現在の仕事についた経緯は?

実家が自営をしていたので、小さいころから社長になりたいと漠然と思っていました。高校時代にコンピュータとの衝撃的な出会いで「将来IT業界で仕事をしたい!」と思いを抱くようになり、大学・大学院では、インターネットに関する研究に明け暮れていました。希望の企業への就職活動も順調だったある日、突然の父親の死ですべてを諦め、実家の仕事を継ぐことに。。。しかし、自分の夢を諦めることができず、IT業界の道を進むことを決意。
そこからは、日本だけでなく、世界の最前線で活躍したいとの思いも募り、シリコンバレーでもビジネスを経験。
今は、縁あって会計業界に活躍の場を移すも、IT業界で働ける喜びを日々感じながら活動を続けております。

仕事へのこだわり

「リアルとネット」、「アナログとデジタル」の使い方は最大限工夫をするようにしております。
「人に会うべきか」、「ネットでコミュニケーションをするべきか」や「人の価値を生かしてするべき仕事か」、「システムを構築してすべき仕事か」などビジネスの基本に関して最良の選択をするように心がけております。
デジタルトランスフォーメーションが進む未来では、日々直面する問題が単純な問題だけではなく、難しい問題に直面することも多くなります。その時は、自分自身の思考をニュートラルに戻すことが重要です。
偏った思考しかできないと、適切な選択をすることが難しくなります。
常にニュートラルな思考からスタートして物事を考えることで、問題の本質を見抜き解決策を見つけられれば、その先は、自分自身を信じて知恵と勇気を出して進めば必ず道は開けると信じております。

若者へのメッセージ

嫌いな仕事は長く続きません。「好きこそ物の上手なれ」、好きになれる仕事を見つけられれば上達も早い。
上達するともっと仕事が好きになる。。。色々なことを考えて自分に自信を失ったりするときがあってもその時は、自分自身が心に問いかけて「これは好きなことなのか?」、「これは好きになれることか?」を
自問自答して、自分の納得いく答えが出れば、あとは前進あるのみです!
「ないものは、作ってみる」、「やったことがないことは、やってみる」、「そして、勇気と知恵をだしてみる」。
あなたの可能性は無限大!