The VISION トップの描く未来図

笹倉豊喜
株式会社AquaFusion CEO & CTO

笹倉豊喜

[ Simple is best ]

略歴

1973年古野電気入社。
魚群探知機の開発などに従事し、開発部長を歴任後1997年退社、フュージョン有限会社を設立代表取締役。
2013年株式会社アクアサウンド設立、代表取締役会長。2017年株式会社AquaFusion設立、CEO& CTOに就任現在に至る。

現在の仕事についた経緯は?

魚群探知機が発明されてから70年経った2014年頃、革新的な魚群探知機の原理を発明し、自己資金で特許を出願し開発に着手致しました。
新しいこの原理を証明するため漁船をチャーターして実験を繰り返し、機器の改良を重ねた結果、3年も過ぎた頃この技術の革新性を確信したので2017年、私が69歳の時に起業致しました。
社会人になって50年、海をフィールドに生きてきた男として海への恩返しがしたくてこの事業を始めることとしました。

仕事へのこだわり

超音波をキーワードにエンジニアとして生きていこうと決めて、古野電気という魚群探知機のメーカーに就職致しました。
水の中では光はほんの数メートルしか届かないので、超音波しか情報伝達の手段はありません。
その為、超音波で海底の探査や魚群を探知することに魅力を感じ研究開発を行ってきました。
入社当時はネットレコーダーという深海2000mの海の魚をとるトロール網に取り付けた魚群探知機のデータを3000m先の海上の漁船まで伝送する装置の開発に携わり、新人ながら開発に成功しその機器は世界中に輸出されました。
その時に開発したネットレコーダーに新しい通信技術を採用し、従来の方式に比べ格段に高性能な商品開発に成功致しました。
この時の経験、新しい技術への挑戦と成功体験がその後のエンジニア魂の礎となりました。

その後20余年、古野電気で数々の新商品の開発を手掛けましたが、自分の力を試したくて会社を辞しました。
49歳の時です。
独立してからは会社を立ち上げ、常に新しいものへの挑戦をテーマに会社経営に取り組んでいます。
0から1への立ち上げが自分に課された天職と信じ、日々前を向いて生きています。

若者へのメッセージ

何事も挑戦せよ、ですかね。
もちろん無謀な挑戦や独りよがりのgoing my wayは慎まなければいけません。
でも挑戦しなければ失敗はありません。
失敗から学ぶ貴重な経験もできません。
私の人生は失敗だらけの人生でしたがおがげで多くのことを学び、前回の挑戦よりは今回の挑戦がより成功確率が上がってきていると感じています。
私の挑戦は今回が最後ではありません、次も準備中です。
若者たちよ、挑戦したまえ、自らのために!