The VISION トップの描く未来図

上田倫生
上田歯科医院 理事長

上田倫生

[ 立って半畳寝て一畳 ]

略歴

日本歯科大学、長崎大学大学院卒、歯学博士。1988年に上田歯科医院開院。歯科専用CTをはじめ、数々の最先端の機器を導入。口腔から全身状態の管理を行い、食育や統合医療など、幅広い知識で日々の診療に当たっている。歯周病リスクを排除するトータルヘルスプログラムにも注力する。

現在の仕事についた経緯は?

私が歯科医を目指したのは、ひとえに父親の存在でした。
実は私は小学校に上がってすぐの頃、私の不注意から火事を出してしまったのです。火はあっという間に広がり、母と私は為す術もなくおろおろするばかり。駆けつけた父は私たちをしっかりと抱きしめ、燃え落ちる我が家を見ているしかありませんでした。
子どもの不始末とはいえ、家一軒が丸ごと灰になってしまったのです。それでも両親は一言も私を咎めず、また問いただすこともありませんでした。この一件で私は両親の気遣いに感謝するとともに、親の期待になんとしても応えようとし続けてきました。
私が高校生になる頃、父は「東大の法学部に行って、自治省に入れ」などと言い出しました。どうやら官僚から政治家になり、ゆくゆくは長崎県知事に……などと空想していたようです。ところが高校3年の夏に体を壊し、休学せざるを得なくなった私を見て「お前にはバリバリ働くのは無理だろうから、医学部に行って医者になれ」と言いました。
まったく勝手なことを言われたものですが、親の言葉には黙って従うのが習性になっています。結局日本歯科大学、さらに長崎大学大学院で学び、先輩の歯科医院で修業させていただいたあと、1988年に南島原市で開業しました。

仕事へのこだわり

歯科というのは、歯だけを治療するものではありません。歯の健康、口の中の健康は全身につながっています。つまり歯科医は全身を診られる医師でなくてはならないのです。こうした考え方は広がりつつあるようですが、まだまだ十分とはいえません。
当院は数多くの先端治療機器を備え、年間100本以上のインプラント治療をこなしています。片田舎の歯科医院としてはありえないほどの内容なのですが、私にとってそれは当たり前のことで、今はそれ以上に歯科と全身の関わり合いについて勉強するのが楽しくて仕方ありません。
こうした考え方から、当院では来院した患者さんの検温から始めます。麻酔をかけるときはバイタルをとり、さらに場合によっては血液検査も行って、患者さんの状態を把握し、それをご本人にも説明しています。「ビタミン不足の傾向があるから、食事に気をつけて」とか「心臓に負担がかかっているようだから、もう少し体重を落として」とか。まるで内科医のようですが、ここまでできてようやく歯科医として満足のいく治療ができると私は思っています。

若者へのメッセージ

この歳になってつくづく感じるのは、基本の大切さです。先人が作り上げ、鍛え上げてきた基本を究めるということがどれほど重要か、年齢と経験を重ねたからこそ判ることかもしれません。基本さえできていれば、応用なんぞはどのようにもなります。
若いうちは、目新しいことや華やかなものに目を奪われ、そこにやりがいや面白さを見出したりします。しかしやがて壁にぶつかった時、立ち返るのはやはり「基本」なんです。大学の教科書や解剖学の本、当たり前すぎて記憶にもないような基礎教本。私自身、行き詰まった時に手にするのは、そうした本ばかりでした。還暦を迎える歳になり、多くの経験を重ねた今だからこそ、なおのこと基本の重要さを痛感します。
私と違って、若い人たちにはまだ多くの時間があります。その大切な時間を使って、ぜひとも基本を究めていただきたい。それは必ずや、将来のあなたのためになるはずです。