The VISION トップの描く未来図

和田主実
和田精密歯研株式会社 代表取締役社長

和田主実

[ A rolling stone gathers no moss. ]

略歴

1963年 昭和38年 大阪市東淀川区生まれ。9歳から大阪府吹田市在住。
1986年 ワーキングホリデー制度で豪州に1年。
1987年 帰国後、父の「入社したら、中国に行かせてやる」の言葉につられ、大阪、東京で1年半勤務。
1989年 上海第二医科大学(現 上海交通大学)口腔医学院 技工室研修。
1990年 帰国後、本社勤務。
1994年 福井事業所の責任者。取締役就任。
2000年 代表取締役 常務。
2005年 副社長。
2007年 社長就任。

現在の仕事についた経緯は?

高校卒業後、昼は大学、同時に父の「専門学校でも行ってみないか」に興味を示し、夜は技工士専門学校。
豪州から帰国後、旅行会社勤務が内定していたが、父に連れられ東京のIT企業社長と面会。その社長に自社勤務を薦められる。その気は無かったが、父の「入社したら、中国に行かせてやる」の言葉につられ入社。今から思えば、高卒後から父親に上手く騙されつづけたのかも。

仕事へのこだわり

30代までは、目の前にあることをこなすだけで精一杯だった。
経営者意識は入社数年後から、周りからの接され方で自然に持つようになった。
変化が最重要だと思うので、如何にビジネスに「こだわりを持たない」かに努力している。
自分が生まれる前から、自分のすべての生活の糧になっている「和田精密歯研」を構成している「社員」が良い人生を送ってくれることが、唯一で最大の「仕事へのこだわり」。
そのためには会社の安定した成長が必須であり、長期的安定成長にはお客様である歯科医療関係者の幸せ、そしてその先にある「歯科の患者さんの幸せ」=「口福」を目指す必要がある。

若者へのメッセージ

インターネットありきの生活になって久しいですが、五感を使っての経験以外はニセモノである可能性が潜んでいます。
例えば、アマゾンで全ての買物を済ませ、YouTuberになって大金を稼いで、肉眼で見るよりきれいな4K動画を見てることが出来ても、自分の肌で太陽の光と熱を感じたり、人との対面で感じる感情や空気感は読み取ったりは出来ません。
まずは人や自然と出会い、若い時の感受性でしか感じ取れない色んな感情を経験して下さい。

体と同じように、心も、折れる手前ギリギリのストレスを与え続けると鍛えられ、ストレスを避け続けるとますます小さなストレスで折れるようになります。日本の法律で定められている成人(再来年から18歳)から高齢者(55歳)が正しいとすれば、少なくともその間はいくら鍛えても大丈夫ではないでしょうか?

喜びは辛さとの対比でしか大きくなりません。外へ出て、社会と触れ、働く喜びと自分の稼いだお金で遊ぶ喜びの両方を体験しましょう。