The VISION トップの描く未来図

渡辺 敦
株式会社ヘアーメイクプレゴ 代表取締役

渡辺 敦

[ 選んだ道が正解 ]

略歴

高校卒業後、東京理容専修学校入学、理容師免許取得、卒業後就職、山野美容専門学校通信科に通いながら美容室就職、働きながら美容師免許取得、25歳で店長になり、28歳で独立。32歳で2店舗目出店。そこでスタッフが全員辞めることで雇用環境を見直し、「ママ美容師サロン」に路線変更。そこで培ったことで、ママだけでなく美容業界全体の雇用環境大幅見直しを決意し現在にいたる。

現在の仕事についた経緯は?

実家が床屋の流れで理容師になったが、美容に興味を持ち美容師へ。離職率が多く好きな仕事をしたくても人生を豊かにし難い環境に疑問を感じたまま独立したものの、染み付いた環境が抜けきらずに一度は失敗。舵を取り直し雇用環境改善に取り組んだ経営をしている。

仕事へのこだわり

「実感」「スピード」「クオリティ」を大切にしてきました。相手に実感の伴わないクオリティはただの自己満足。美容師時代からずっとその意識で「技術」も「説明」も全てやってきました。独立後もコンセプトは「実感」。「この悩みにはこのメニュー」みたいな何の疑いもない流れに隠れたお客様の物足りなさ(不満)から改善することで、本当に「実感」が伴う技術が提供できると考え提供し続けてきました。これはスタッフ(求人)にも言えること。実感、簡単に言えば相手がちゃんと「良い!」と思ってもらえることに、相手がお客様、スタッフ問わずこだわっています。

若者へのメッセージ

座右の銘にもある「選んだ道が正解」は、今に至るまでに確信を得た言葉です。経営者はいろんな選択をし続けます。そんな中、セオリー以外の選択肢には不安や悩みは必ず生じます。「本当はこうしたらいいのに」と思っても、失敗が怖いからとりあえず業界や周りの経営者の常識に流されてしまいます。「何(誰)のために何をやる(優先する)」、は経営者によって違うから出す答えも違って当然です。これが明確なら自分の出す答えの方が正解です。そして「正解=成功」ではありません。もちろん成功するつもりでよく考えますがそれでもうまくいかなかった場合も、次のステージに行くためのヒントを得た「正解」だと思って自分の道を選んでいますし、確実にそれをきっかけに成長してきました。これからは多様性の時代、正解はたくさんあるので選択肢で迷った時、自信を持ってやりたい方を選択した方が自分自身の人生も豊かになると思います。